おサイフケータイでパチンコも可能に

投稿日:

 日本ゲームカード(株)は9月15日、都内ホテルで新製品発表展示会を開催。今回、発表したのはNTTドコモが発売する「おサイフケータイ」でパチンコパーラー内でICカードが購入できる『e-mon(イーモン=エブリマネーサービス)』。e-monの言葉には、あらゆる(Every)シーンで使用できるお金(Money)にしたいという気持ちが込められているという。

 このサービスを利用するためには、まず、(1)e-monのモバイルサイトにアクセスしガイダンスに沿って新規登録、(2)メールアドレスとモバイルバンキングで利用している金融機関を登録、(3)アプリをダウンロードし、利用する際には(4)アプリを起動し、画面から「エブリマネーの購入」を選択、(5)チャージ希望金額を選択(上限は1日3万円)、チャージ後、利用者が登録した金融機関より同社口座に振替が行われる。さらにICカードを購入するには(6)利用者はICカード券売入金機で希望の額面の選択画面を押す、(7)ICカード券売入金機に接続されたエブリマネー子機に「おサイフケータイ」をかざすと入金されたカード購入を完了。

 このサービスの特長について記者会見に臨んだ岩井慶一専務取締役は、「携帯電話はいまや生活必需品。電話をかけるという機能だけでなく写真撮影、音楽配信、おサイフケータイなど拡大している。今回は利便性を高めファンの皆様に喜ばれる携帯でパチンコを楽しめるシステムとして開発した」と述べ、現金でのカード購入以外の決済手段を確保できる等のメリットをアピールしたほか、高いセキュリティを持つシステムであることも伝えた。

 なお、システム導入に必要な『エブリマネー子機』の価格は1台100万円。11月のフィールドテスト後、発売は12月の予定。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると