クリック増で“見込客獲得”に成果
ウェブ集客ツール『ピークリック』の契約案件数が1,230件を突破!

投稿日:2022年4月20日 更新日:

昨年12月のテスト運用開始から、3月10日までの3ヵ月余りで契約件数が1,230件に達するなど、急速に支持を集めている。

ウェブを用いた新たな宣伝ツールとして導入店が急激に増えているのが、株式会社CCG ENTERTAINMENTの『ピークリック』。業界に特化したノウハウが詰め込まれた独自AIにより、圧倒的なクリック数に伴う見込客獲得に威力を発揮している。

クリック数=見込客、集客の差別化要素に

他業種では、すでに一つの販促ツールとして、当たり前のように活用されているウェブ広告。業界でも、ウェブ広告をスタンダードな集客ツールとして捉えるホールが増えてきた。

しかし、各ホールがウェブ配信した広告のクリック数が、自店舗の見込客数に繋がるという考え方自体は、いまだ浸透してきていない。当然、クリックした人の全てが来店するわけではないが、店舗に対して少なからず興味を抱いたことは明らかで、すなわち今後の来店が期待できる客層という思考がベースにある。

そして、このクリック数にこだわったウェブ広告ツールとして、支持を拡げているのが『ピークリック』だ。興味を持ちそうな人に届くようチューンナップされた独自AIを駆使し、費用対効果の高いウェブ広告運用を実現。テスト運用を含めた昨年12月から3月10日までの3ヵ月余りで『ピークリック』の契約案件数が1,230件に達している。

評価理由はシンプル。導入前と比べた自店舗サイトへの流入増加が一目瞭然だからだ。見える化されたこれら数値は、社内稟議の説得力を高め、PDCAサイクルを回しやすくする。もちろん、クリックされた先にある訴求したい内容の見せ方や、来店してもらうまでの仕掛けづくりも重要だが、まずは“クリック数=見込客を獲得する”という最初の命題解決をサポートする。

その『ピークリック』はこのほど、代理店を通じた本格的な販売を開始。今後について同社の長谷川誠マネージャーは、「例えばインプレッションに注力したものなど、『ピークリック』のノウハウを活用することで、様々な顧客ニーズに対応した新サービスも開発していきますので、期待して頂ければと思います」という。

ウェブ広告に必要な「多くの人に見てもらう」をサポートする『ピークリック』。まずは身近な代理店に話を聞いてみてはいかがだろうか。

◆問い合わせ先
株式会社CCG ENTERTAINMENT
Tel.03-4321-1114
https://ccg-entertainment.jp/

-新製品(サービス), 業界ニュース
-,

© 2023 グリーンべると Powered by AFFINGER5