NEXUS、新入社員・面接官向けLGBT研修を実施2018年4月26日(木)

LGBTの理解と対応をする為、新入社員研修の1コマとして、新卒147名がダイバーシティ研修に参加した。

 NEXUS(群馬県高崎市、齊藤人志取締役社長)は4月24日、LGBT(性的マイノリティ)についてのダイバーシティ研修を、新人向け研修(4月3日)と面接官向けトレーニング(4月23日)の2回にわたり開催したことを報告した。

 同研修は講師に株式会社アウト・ジャパンの屋成和昭氏、株式会社G-pit net worksの井上健斗氏を招いて開催。新人向け研修では、LGBTを理解するための基礎知識や、LGBTを取り巻く日本や世界の状況などについて学んだほか、国内最大級の2,000名を超える性適合手術のアテンドを実施した井上氏による、トランスジェンダー当事者が生活の中で抱えている不安や不便な点などについての講話を聴講。新入社員たちには、「LGBTについて理解したい、知りたい」という前向きな姿勢がみられた。

 一方、面接官向けに実施した研修の中では、面接時のポイントや注意事項などをロールプレイング形式で学んだ。そのほか、面接時の対応だけでなく、入社後に必要となる制度や設備などの意見交換を実施。企業として多様性のある人材を検討・獲得する手段について話し合いを行った。

 同社では今度もアライ(支援者)企業として、お客様へのサービスという観点だけでなく社内理解促進なども進め、トランスジェンダー当事者が採用選考にも応募しやすい環境づくりの為に、LGBT求人サイト「ichoose」へ求人票を掲載していくとしている。

 なお、5月5日、6日に実施される「東京レインボープライド2018」へも出店・協賛を予定しているという。


  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年4月24日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年5月号
    • 特集
      さらば 平成ぱちんこ 時代は「令和」へ
    • 巻頭特集
      激動の時代にどう備えるか
    • パーラー経営支援特集
      全面施行まで約1年 急がれるたばこ対策