人気漫画「バスタード」、94%の高継続で登場

投稿日:

『CRバスタード-暗黒の破壊神-』

 ニューギンは、パチンコ新機種『CRバスタード-暗黒の破壊神-』を発表した。少年週刊ジャンプに連載された少年漫画を起用し、ライトミドルタイプながら高継続のスペックが特長。納品は4月3日の予定。

 「バスタード」は、1988年に週刊少年ジャンプで連載が開始された少年漫画。神や天使、悪魔、ドラゴン、人類が入り乱れた壮絶なバトルが展開される一方、セクシーな美女たちによるお色気演出が楽しめるなど、「硬派」と「お色気」の二面性をもったストーリーが人気で、コミックス累計売上部数は2960万部を誇る。

 スペックは大当たり確率1/159(高確率約1/39)のライトミドルタイプ。継続率約94%の絶倫RUSHが最大の持ち味。今後パチンコ機の継続率が65%以下に抑えられる中、同社では「最後の高継続機」と位置付け、大当たりが続く魅力、面白さを追求した。

 通常時の大当たり中に発生するバトルに勝利すると、チャレンジタイム(CT)に突入し、このCT中(8~24回転)に大当たりを引き当てられれば、絶倫RUSHに突入する。

 絶倫RUSH中は、低確率に転落するまで高確率状態が続く仕様で、転落確率は約1/394。転落よりも先に1/39の大当たりをどれだけ引き当てられるかが、出玉を左右する。RUSHの電サポ回数は、100回転または「100回転+α」。

 また、RUSH中はバトル系の「無双RUSH」と、お色気系の「悪戯RUSH」を選択できる。

 大当たりラウンドは、12R(1090個)、9R(820個)、6R(550個)、3R(270個)※出玉数は払出値。ラウンド振り分けは3R比率が高めとなっている。

 納品は4月3日の予定。

(C)萩原一至/集英社(ジャンプコミックス)

-新台

© 2020 グリーンべると