交渉窓口として全日遊連に期待~同友会

投稿日:

 日本遊技産業経営者同友会は11月18日の理事会終了後に定例の記者会見を開いた。

 会見ではおもに、委員会を中心とした同友会の活動の進捗状況について報告。また、正会員として(有)フォーティーナイン(司空大吾代表取締役社長)、賛助会員としてアイキャンディ(株)(福森加苗代表取締役)の2社が新規入会したことも合わせて報告した。

 この他、東野代表理事は検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の撤去について記者団との質疑の中で、

「今日は現状説明を行った。高射幸性遊技機の問題と今回の問題が別の問題であることなどを確認した」などと説明。回収など今後のメーカーとの交渉については、

「立場としてホール団体のトップは全日遊連。我々も全日遊連の加盟店舗だ。我々の思いは全日遊連の執行部も知ったうえで話してもらえていると思っている。交渉のチャンネルはひとつの方がいい」と全日遊連に対して期待感を表した。

 また、現状を踏まえ、「ホールだけの問題でもメーカーだけの問題でもない。これを機会に将来に向かっていくため、今何をしなければならないのか考えないとだめだ」と話した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると