高射幸性パチスロ機

21世紀会決議を遵守していない店舗の通報件数は435件~12月1日現在

パチンコホール4団体の誓約書確認機関は12月3日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会決議を遵守していない店舗に対する「通報・確認システム」の通報件数を発表した。 それによると、システムの運用が始まった1 ...

東京都遊協、《パールショップともえ町田609》に対し組合員資格の停止を決定

11月26日に開かれた都遊協理事会。 東京都遊技業協同組合は11月26日に開いた定例理事会で、株式会社カクタが経営するパチンコ店《パールショップともえ町田609》に対し、組合員の資格を停止することを決 ...

高射幸性パチスロ機の撤去、9割以上のホール関係者が「影響ある」と回答

シーズリサーチは10月20日、パチンコ業界の景気動向の判定を目的とする「第82回 パチンコ景気動向指数(DI)調査」の結果を発表した。 ホール営業における収益や売上、粗利といった「全般的業況」では、休 ...

【レポート】“ミリオンゴッド凱旋”の撤去で問われる業界の判断

旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議について、順守しない店舗が散見され、関係団体が対応に追われている。いまも市場には約65,000台残っているといわれる高射幸性パチスロ機『ミリオンゴッド-神々の凱旋 ...

旧規則機に関する決議の非協力店にペナルティ

中古機流通協議会は10月5日、旧規則機の経過措置期間延長に伴う21世紀会の旧規則機の取扱いに関する決議について、順守しないホールに対する措置を下記のとおり決定。協議会の構成団体に通知した。運用開始は1 ...

2020年末が撤去期限の旧規則機、設置期限を延長

全日遊連は9月17日、2020年12月31日までに撤去することとしていた旧規則機のパチンコ機、パチスロ機について、ホール関係5団体での協議の結果、設置期限を2021年1月11日まで延長することとし、各 ...

【レポート】裏切りの“サラ番”継続設置

※写真はイメージです。 高射幸性パチスロ機など、旧規則機の撤去に当たり、早くも足並みがバラつき始めた。この問題はさらに悪化する危険性を孕んでおり、業界にとって大きな不利益を被ることに繋がりかねない。早 ...

高射幸性パチスロ機や検定・認定切れ機の設置の有無を、健全化推進機構が確認

一般社団法人遊技産業健全化推進機構は9月7日、定例理事会を開催。健全化推進機構が行っている遊技機の立入検査時に「高射幸性回胴式遊技機の設置の有無」と「検定または認定の有効期間が満了した遊技機の設置の有 ...

旧規則機の取り扱いに関し、改めて決議遵守を呼びかけ/全日遊連

設置期限を迎えた高射幸性パチスロ機を設置し続けるパチンコ店のケースが散見される現状を受け、全日遊連は9月4日、各都府県方面遊協の理事長宛てに、「旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議の遵守の更なる徹底 ...

高射幸性パチスロ機の撤去期限遵守を呼びかけ

全日遊連は8月17日、「旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議の順守の徹底について」と題する文書を各都府県方面遊協の理事長宛てに発出。組合員パチンコホールに対し、改めて決議の遵守を呼び掛けた。 旧規則 ...

高射幸性パチスロ機、設置比率の調査実施

全日遊連では傘下組合員ホールを対象に、新基準に該当しないパチスロ機及び高射幸性パチスロ機の設置比率に関する調査を実施する。各都府県方面遊協の理事長宛てに1月7日付けの文書で伝えた。 調査方法は、組合員 ...

【コラム】主力の高射幸性パチスロ機撤去後の 20円パチスロの機種構成を考察

◆ビッグデータが示すトレンド 2019年末にかけてパチスロは、一部の地域を除き主力として稼働した『バジリスク絆』、『アナザーゴッドハーデス』、『モンスターハンター月下雷鳴』が撤去となりました。 そこで ...

高射幸性パチスロ機15%超えのホール、中古機移動NG

中古機流通協議会ではこの度、高射幸性パチスロ機の設置比率が15%を超えるホールに対する措置を決定。2020年1月31日以降、設置比率が15%を超えるホールは中古機の移動や設置が不可となる。 同協議会で ...

© 2020 グリーンべると