都内の高射幸性パチスロ機が完全撤去、未撤去1店舗が改善勧告に従う

投稿日:2021年9月30日 更新日:

東京都遊技業協同組合は9月29日の定例理事会で、組合員のパチンコホール《パールショップともえ609》から高射幸性パチスロ機が撤去されたことを報告した。これで都内から高射幸性パチスロ機は完全撤去された。

都遊協は8月12日の理事会で、高射幸性パチスロ機を設置稼働する同店に対し3回目の組合員資格停止処分を決定していた。しかし、資格停止処分以降も撤去されなかったことから、9月7日付で組合からの脱退勧告を視野に入れた、高射幸性パチスロ機の撤去に関する改善勧告を通達した。

【関連】パチンコ参加人口710万人、前年から180万人の大幅減少

改善勧告の内容は、9月22日までに同店に設置される高射幸性パチスロ機『ミリオンゴッド-神々の凱旋-BD』、『戦国コレクション2KS』、『スーパービンゴネオM1』の3機種11台を撤去することを求めたもので、あわせて9月22日までに改善がなされない場合は、組合からの脱退に関する規約に基づき、脱退勧告について検討することを付記していた。

都遊協の報告によると、これに対し同店では9月20日までに全台撤去したことが確認されたとし、「同店に対する脱退勧告は行わない」と報告した。

なお、同店に対する180日の組合員資格停止処分については2022年2月7日の期日まで継続する。

-業界ニュース, 注目トピック
-, ,

© 2021 グリーンべると