平和が『P亜人』と『Sアントニオ猪木』を同時発表2019年9月6日(金)

パチンコ・パチスロの同時発表ということもあり、数多くの業界関係者が出席した。

 平和は9月5日、都内ショールームでパチンコ新機種『P亜人』シリーズと、オリンピア製パチスロ新機種『闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機』のプレス発表会を開催した。

 『P亜人』は、漫画雑誌「good!アフタヌーン」で連載中の大人気漫画「亜人」とのタイアップ機。タイプは1種2種混合タイプで、高継続型のスペックとなっている。同機最大の特長は、盤面中央下部に搭載された業界初の「トリプルポケット」。ランダムに開閉するゲートで、通常の特図抽選だけでなく、電チュー開放抽選を行う普図抽選も行っているため、常に期待感を持って遊技することができる。

 スペックは2スペック同時発表となっており、まずミドルスペックの『P亜人~衝戟の全突フルスペック!~319ver.』が大当たり確率1/319.6(右打ち中約1/9.9)で、RUSH突入率100%、継続率は約82%。全ての大当たり終了後に電サポが12回or100回付与される。ラウンド数は2R(払出値300個)、4R(同450個)、5R(同750個)、7R(同900個)、10R(同1,350個)で、賞球数は3&2&1&4&15。同スペックの特長は、大当たりすれば必ず継続率約82%の「SUPER亜人RUSH」に突入する点だ。また、右打ち中は大当たりの70%が最大ラウンドとなっているため、まとまった出玉にも期待が持てる。

 一方、ライトミドルスペックの『P亜人~衝戟に備えろ!~199ver.』は、大当たり確率1/199.8(右打ち中約1/8.8)で、RUSH突入率約50.1%、突入時の継続率は約86%。電サポは大当たり終了後に1or12or100回付与される。ラウンド数は2R(払出値224個)、3R(同224個)、5R(同560個)、7R(同672個)、10R(同1,008個)で、賞球数は4&2&1&3&14。ライトミドルの特長は、ミドルスペックを凌ぐその継続率だ。また、右打ち中は大当たりの75%が最大ラウンドとなっており、期待出玉は新規則機のライトミドルの中でも最高峰となっている。

 次に同時発表された『闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機』だが、同機は6作目となる『パチスロ猪木』シリーズの最新作。その名のとおり、初代『アントニオ猪木という名のパチスロ機』のゲーム性を継承・進化。ATには初代を彷彿とさせるナビ回数管理式を採用。もちろんAT継続時の「お願いしまーす」も健在だ。

スペックはCZ初当たり確率1/442.6~1/215.2のAT機で、純増は4.0枚/G。

 通常時は主にCZ「闘魂グランプリ」からAT「闘魂CHANCE」へとつなげるゲーム性を採用。CZ中は勝利期待度約80%のバトルに3連勝でAT当選となる。また、3連勝後も敗北or8連勝まで継続する仕様で、4戦目以降は勝利するたびにセット数の上乗せを行う。なお、見事8連勝した場合には、『パチスロ猪木』シリーズの代名詞とも言える「道」フリーズ濃厚となっている。

 納品は『P亜人』シリーズが11月4日、『猪木』が10月20日を予定している。


  • image
  • image
  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年9月19日(木)のイベント

  • 山佐撮影試打会
    S天下布武4
    10時~13時or14時~17時
    10:00~17:00/上野ショールーム
  • パチスロ大学セミナー
    第1部:設定配分学部(北野氏)
    第2部:レイアウト理論学部(三木氏)
    第3部:ライター学部(塾長氏)
    14:00~18:00/TKP上野駅前ビジネスセンター
  • コナミアミューズメント/『マジカルハロウィン7』プレス向け試打会
    13:00~14:45

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年9月号
  • 特集
    消費増税を乗り越えろ
  • Interview
    筒井公久 日本遊技機工業組合 理事長
  • グラビア
    尾立氏落選 業界票は国政に届かず