パチンコ店などの許認可処理怠る、巡査長処分2017年7月19日(水)

 産経WESTなどによると、飲食店とパチンコ店が提出した許認可関連の届け出11件の処理を怠ったとして、滋賀県警の30代の男性巡査長が所属長注意の処分を受けていたことが7月19日、同県警への取材で分かった。6月28日付。
 
 県警によると、巡査長は2016年4月~2017年3月、署の生活安全課に勤務している際、飲食店が深夜に酒類提供できる届け出書類と、パチンコ店の管理者変更の届け出書類11件を放置していた。巡査長は「手続きの知識がなく、上司に相談すれば叱られると思い放置した」と話しているという。

 なお、県警は「いずれも店の営業に影響はなかった」と説明している。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年9月18日(水)のイベント

  • 同友会記者会見
    18:00~
  • 2019年9月アミュゼクスセミナー
    第1部:業界関係情報
    第2部:今月のマシーン情報
    第3部:今月の戦略セミナー
    13:00~17:00/三田NNホール スペースC

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年9月号
  • 特集
    消費増税を乗り越えろ
  • Interview
    筒井公久 日本遊技機工業組合 理事長
  • グラビア
    尾立氏落選 業界票は国政に届かず