パチンコ店などの許認可処理怠る、巡査長処分2017年7月19日(水)

 産経WESTなどによると、飲食店とパチンコ店が提出した許認可関連の届け出11件の処理を怠ったとして、滋賀県警の30代の男性巡査長が所属長注意の処分を受けていたことが7月19日、同県警への取材で分かった。6月28日付。
 
 県警によると、巡査長は2016年4月~2017年3月、署の生活安全課に勤務している際、飲食店が深夜に酒類提供できる届け出書類と、パチンコ店の管理者変更の届け出書類11件を放置していた。巡査長は「手続きの知識がなく、上司に相談すれば叱られると思い放置した」と話しているという。

 なお、県警は「いずれも店の営業に影響はなかった」と説明している。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月22日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!