専用筐体「The Abyss」で極限の恐怖を再現2017年5月29日(月)

フォトセッションの模様。左が南まりかさん、右が上林稔昌販売管理部長。

 フィールズは5月18日、東京支店でエンターライズ製パチスロ新機種『パチスロ バイオハザード リベレーションズ』を発表した。

 機種プレゼンテーションでは株式会社エンターライズ・上林稔昌販売管理部長、タレントの南まりかさんが登壇し同機の魅力をPR。上林部長は「同機はコンテンツの持つ恐怖感を最大限に再現し、エンターライズ機としての遊技性を融合させた。『閉鎖空間による恐怖』、『迫りくる恐怖』、『突如訪れる恐怖』と3つの恐怖を併せ持ったゲーム性でプレイヤーを魅了する機種になっている」と述べ、自身もバイオハザードシリーズのファンだという南さんは「是非ホールで恐怖を体感したい」と感想を述べた。

 通常時はステージや状態を上げていき、ボーナスからARTを目指すゲーム性となっている。小役の一部で移行する戦慄状態でボーナスを引くことによりART期待度が上がる。

ボーナス「リべレーションチャンス」は10G固定の獲得枚数約60枚。毎ゲーム演出をランクアップさせていき、ボーナス終了後に発展する演出を成功させることでARTが確定する。

 ART「RAID MODE(レイドモード)」は1セット50G+α、純増約2.0枚/GのST-ART。小役から突入する5G固定の継続バトル「パンデミックバトル」でクリーチャーを撃破すればARTが継続、継続できなかった場合はEXゲームに突入する。EXゲームのG数は、継続後の残りゲーム数消化中などに上乗せ抽選が行われる。他にも、上乗せの次レバーでゲーム数が分解していく「結合フリーズ」やどこからでも突如訪れる本機最強特化ゾーン「アビスモード」などでG数を上乗せしていきながら継続させていく。

 専用筐体「The Abyss」で臨場感あふれる恐怖を体感できる同機は7月下旬より納品開始を予定している。

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

  • image
  • image
  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月17日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!