ヒカリシステム、白井市に車椅子寄贈

投稿日:

寄贈式の模様(右が金光社長)。

 千葉県と東京都で8店舗を展開するヒカリシステムは、車椅子1台を白井市社会福祉協議会に寄贈。1月15日に同市内で贈呈式が行われた。

 この車椅子は一般社団法人 環公害防止連絡協議会が公害の抑止を目的に行う「プルタブ・アルミ缶回収運動」に参加して取得したもの。同運動では参加者が集めたプルタブが800キログラムに達すると、車椅子1台が参加者の希望先に贈られる。

 当日はヒカリシステムの金光淳用社長から白井市社会福祉協議会の岩本忠司会長に車椅子を寄贈、これに対し岩本会長からヒカリシステムに対し感謝状が授与された。

今回の寄贈に際し、金光社長は「グループ企業で介護事業を営んでおり、高齢化は身近な問題。今後も貢献していきたい」とコメントした。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると