PCSA加盟ホール被害状況 速報

投稿日:

 パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)が発表した3月15日午前10時現在の東日本巨大地震被害速報によると、正会員30社のホール企業のうち、社員・従業員と連絡がとれていないホール企業が2社、家族と連絡がとれていない社員・従業員がいるホール企業2社(うち1社は本社機能停止)にのぼっていることがわかった。ダイナムは27名と依然連絡がとれない状況。セントラル伸光は8名と連絡がとれていない。合田観光商事では従業員数名にけが人が出た模様だ。

その他被害状況は次のとおり。
ダイナム/45店舗が営業休止
夢コーポレーション/多賀城店、角田店、白河店に甚大被害。
TRY&TRUST/東京の店舗で壁にヒビ。
メッセ/江戸崎店で駐車場地盤沈下、数店舗で壁にヒビ。
合田観光商事/多賀城店水没、岩沼店も当分営業無理。北海道から宮城の店に物資運搬中。
ミカド観光/関東の2店舗、店舗設備に若干の被害あり、明日には営業可能。
マルギンインターナショナル/停電2件、従業員の家が壊れた
つばめエイジェンシー/4店舗に大きな被害。本部が福島原子力発電所避難地域にあり機能せず。社員は避難または自宅待機。再開のめど立たず。
松屋百貨店/建物・設備に若干の被害あり。入替・営業自粛など営業政策を検討中。
テンガイ/関東の建物・設備に若干の被害あり(壁の亀裂、照明が落ちるなど)
セントラル伸光/陸前高田店流される。塩釜店、気仙沼店浸水。直ぐ営業できそうなのは2店舗。修繕後営業可能4店舗、営業不可能3店舗、確認中5店舗。
ヒカリシステム/店舗設備に若干の被害あり。
サンキュー/建物のヒビ、外壁崩落など軽微なもの。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると