健推機構の上半期立入は979店舗

投稿日:

 遊技産業健全化推進機構は11月11日、2014年度上半期(2014年4月1日〜9月30日)に実施したパチンコ店対象の立入検査店舗数及び検査台数を発表した。

 それによると店舗数は全国51都府県方面の979店舗(うち計数機検査139店舗)。検査台数はパチンコ6,018台、パチスロ6,597台。計数機は160台(玉100台/メダル60台)となっている。

 前年度上半期の立入検査実績は1,082店舗。前年度同期比約90.5%で推移している。

 機構が掲げる今年度の目標は2,000店舗。上半期は約49%で折り返した。

【年度別立入実績】
2007年度 767店舗
2008年度 2,995店舗
2009年度 4,449店舗
2010年度 3,117店舗
2011年度 2,823店舗
2012年度 2,388店舗
2013年度 2,127店舗
   累計 19,645店舗

【2014年度月別立入】
4月 131店舗(計数機16店舗含む)
5月 174店舗(同27店舗)
6月 169店舗(同30店舗)
7月 208店舗(同30店舗)
8月 123店舗(同16店舗)
9月 174店舗(同20店舗)

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると