福島県遊連が通常総会を開催、諸田英模理事長を再任

投稿日:

総会に先だって行われた寄付金贈呈式の模様。

福島県遊連は6月4日に第54回通常総会を開催。任期満了に伴う役員改選では諸田英模理事長を再任した。

諸田理事長は、新型コロナの感染拡大に伴う県遊連の対応について「福島県の緊急事態措置に従い、組合員に休業要請するという前代未聞の対応に追われた日々を送ってきた。これに関してはまず、4月25日から5月6日まで福島県下全店休業したことについて、改めて皆様方に感謝申し上げる。12日間において全店休業が達成できたことは、大きく評価してもいいのではないか」とお礼を述べた。

一方、「5月7日以降、さらに休業要請が延長され、出口の見えないくらいトンネルの中で、休業したホール、やむを得ず営業再開したホールと、足並みが揃わなかったことは事実。批判の意見があることも承知しているが、今後第2波、第3波が来ることは否定できないため、今回の経験を活かし、改めて県遊連として団結していかなければいけないと思っている」と述べた。

その他、総会では令和元年度の事業報告や収支決算報告、令和2年度の事業計画、収支予算決定の件など上程された議案は全て可決承認された。また、総会に先だって行われた寄付金等贈呈式では、公益社団法人福島県防犯協会連合会ならび公益財団法人福島県暴力地方運動推進センターの両団体に、それぞれ寄付金50万円を贈呈した。

なお、当日は福島県遊連青年部会の総会も行われた。

-業界ニュース
-,

© 2020 グリーンべると