KPE、無限RT搭載の『キャプテンシャーク』発表

投稿日:

『キャプテンシャーク』

 KPE(株)がパチスロ新機種『キャプテンシャーク』を発表した。同機は、純増0.8枚で次回ボーナスまで継続する無限RT「シャークタイム」を搭載している。納品は11月3日予定。

 RT「シャークタイム」の突入契機は、ハイパーBB(赤7)終了後及びチャンスゾーン「シャークチャンス」中の特殊リプレイ入賞の2パターン。チャンスゾーンはノーマルBB(青7・白7)終了後に20ゲーム、RB後に10ゲーム継続し、「3択チャンス」で3種類ある特殊リプレイの成立を当てるとRTに突入する仕組みだ。

 「3択チャンス」はボーナス中など様々な場面で獲得できる「宝の地図」を持っている場合に2択か1択となる。宝の地図は3ランクあり青なら2択、赤なら2択or1択、金なら1択となっている。当然1択の場合は表示された図柄を狙えば100%RTに突入する。

 また、RT中は4連続で成立した特殊リプレイを当てると宝の地図が1枚手に入り、4連続を繰り返すたびに地図のランクが上がっていくが、スイカやチェリーの成立時、RTのパンク回避時に特定の確率で特殊リプレイがナビされる「探索モード」に突入し、同モード中は地図を手に入れやすくなる。探索モードの継続ゲーム数は、3or5or7or10Gの4種類。

 主なスペックは、ボーナスの合成確率が1/276(設定1)〜1/227(設定6)、出玉率は97.4%〜112.1%。BBの純増枚数は平均253枚、RBは平均61枚。1000円あたりのゲーム数は40Gとなっている。

-新台

© 2021 グリーンべると