福岡遊青、擁護施設の児童と「いちご狩り」

投稿日:

 福岡県遊技業協同組合青年部会(竹田光寛部会長)が主催する児童養護施設との「いちご狩り交流会」が4月2日、玄海いちご狩り山口農園(福岡県宗像市田野)で行われた。

 これは同青年部会が社会貢献活動の一環として取り組むもので、第1回目となった昨年の「なし・ぶどう狩り交流会」に引き続き社会福祉法人福岡県社会事業団児童養護施設『和白青松園』(江中宣夫園長)の児童らと一緒に青年部員がいちご狩りを楽しんだ。

 摘んだいちごは和白青松園にすべて贈呈し、持ち帰ったいちごを使ったショートケーキ作りも行われた。園側の参加者は児童23名と5名の先生。青年部会からは9名が参加した。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると