ABC協賛の「第33回日本平桜マラソン」開催

投稿日:

晴天に恵まれ、総勢6,831人のランナーが日本平を駆け抜けた。

 静岡・山梨・長野・愛知県でホール39店舗を展開するABCが特別協賛した「第33回日本平桜マラソン」が4月2日、草薙陸上競技場発着で開催された。

 同大会は草薙陸上競技場から、日本観光地百選や県立自然公園に指定されている日本平山頂を経由するコースで行われる静岡県内最大のマラソン大会。頂上からは富士山や駿河湾、伊豆半島も一望でき、景色を楽しみながら気持ちのいい汗を流すことができることから毎年多くのランナーが参加する。

 大会当日は静岡市内に桜の開花宣言がされ、青空の下エントリーした総勢6,831人のランナーが日本平を駆け抜けた。また、特別ゲストには昨年に引き続きDeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦氏を迎え、会場を盛り上げた。

 同社では今後も地域に根付いたスポーツ振興を推進していくとしている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると