中国人中心のゴトグループを埼玉県警が逮捕

投稿日:

 中国人を中心とする9人のゴトグループが窃盗容疑などで埼玉県警に逮捕されていたことがわかった。捜査関係者に対する読売新聞の取材で1月11日に明らかになったもので、同日付の同紙夕刊が報じた。

 逮捕されたのは中国籍の埼玉県蕨市塚越の無職劉大為容疑者(29)ら男9人。報道によるとこのグループによる被害は5年ほど前から確認されており、被害額はこの1年間だけでも1億5000万円に上るという。また犯行エリアも広範で埼玉、大阪、広島など11都府県に及んでいた模様だ。今回の逮捕容疑は昨年6月に行われた東京都立川市のパチンコホールを狙ったゴト犯罪。「大当たりの確率が高くなるように改造した制御部品を台内部に取り付け、計約1万個(計4万数千円相当)の出玉を盗んだ疑い」(同紙)だ。

 一方、犯行の手口は完全な分業制。1分以内に制御部品を接続する「取り付け役」、台周辺に立って取り付け作業を隠す「幕」、第三者になりすまして玉を出す「打ち子」、店外の「見張り役」や店内の「巡回役」にわかれていたと同紙は伝えている。

 事件を受けて同紙の取材を受けたセキュリティ会社のA・P総研(東京)は全国のゴト被害総額が年間2000億円に上っている可能性を指摘。部品代が比較的安い上に、取り付けが難しくない制御部品を使った今回と同様ゴト犯罪が全国で横行していることが背景にあるとの見方を示している。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると