サンセイ、新機種購入が可能な支援プラン発表

投稿日:

 サンセイアールアンドディは10月10日、遊技機のリユースによる新たなホール支援プラン「エコサイクロン」を発表した。

 同プランは、1機種の購入で複数の新台がリユース価格で導入可能となる点が最大の特長。これまでの同社のリユースプランは、リユース価格による同機種の別スペックの購入を対象としていたが、今回のプランではリユース価格で最大4回の新機種購入が可能となる。

 これに伴って、同プランの対応機種として、“パチンコ本来の楽しさを取り戻したい”をコンセプトに、同社の名機をシリーズ化した「サンセイクラシックコレクション」のラインナップも発表。第1弾に『CRがきデカ』、第2弾に『CRオークス』、第3弾に『CR小籠包(ショウロンポウ)』、第4弾に1種2種混合タイプの新機種が予定されており、懐かしの名機が新機種となって続々と登場する。

 なお、第3弾、第4弾は下取り機回収前に新機種が納品される「エコダッシュ」を適応。下取り返却が納品後1週間以内と、これまでのリユース機の煩わしさが解消されているほか、第5弾には従来の「サンセイエコプロジェクト」の対象となる遊パチスペックも用意されている。

 納品開始は『CRがきデカ』が11月18日、『CRオークス』が12月2日、『CR小籠包』以降の機種に関しては来春以降を予定している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると