ニュースバックナンバーへ

667店に「ちょいパチ」納品、WEB番組も開始2017年1月13日(金)

 手軽に遊べる遊技機として日工組が提案している「ちょいパチ」の普及状況は、1月6日時点で、全国667店舗(327法人)、導入台数は6,609台となった。1月12日の日遊協新年会で報告された。

 ちょいパチは、大当たり確率1/40以上、ヘソ入賞5個以上をコンセプトに開発された遊技機。1機種2台以上で合計8台以上、4円貸玉コーナーへの導入、コーナー化での運用、などがホール導入の条件となっている。

 また、ちょいパチを活用したパチンコ未経験者やスリープユーザーの掘り起こし施策として、WEB番組「プチ探索 街ぶらバラエティ『ちょい』」が昨年12月26日からスタートしている。

 番組は、パチンコ情報に特化せずに、街をブラつき楽しいものを探すバラエティ仕立てで、その中でさりげなく「ちょいパチ」をPRするという内容。お笑い芸人のトレンディエンジェル、とにかく明るい安村、横澤夏子らが番組を盛り上げる。

 昨年12月末に放送が開始され、1月9日までに「竹の塚でも斎藤さんだぞ!編」(第1回)、「池袋で○○出現!横澤絶叫篇」(第2回)、「新宿でとにかく明るい街ぶら編」(第3回)が公開されている。

 番組は、ちょい公式サイト、動画サイトのYouTubeで閲覧できる。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月26日(日)のイベント

  • AnimeJapan 2017(4日目)/東京ビッグサイト

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年4月号
  • 巻頭特集
    増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
  • 特集
    迫られる依存問題対策
  • ぱちんこ新時代への羅針盤
    牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員