ニュースバックナンバーへ

全商協、福島・相馬市で植樹祭に参加2016年9月13日(火)

植樹作業に励む全商協のメンバー。

 全国遊技機商業協同組合連合会(中村昌勇会長)は9月4日、福島県相馬市で行われた、鎮守の森プロジェクト主催の「どんどんの森植樹祭」に参加。全国8地区遊商から集まった、社会貢献委員会のメンバー等41名が約400名のボランティアとともに、4000本の苗木を植樹した。

 全商協は鎮守の森プロジェクトの活動をスタート当初から賛同。同プロジェクトは本年7月まで「森の長城プロジェクト」の名称で活動しており、東日本大震災被災地沿岸部に津波から命を守る防波堤を築くため、2014年以降震災瓦礫を埋めた盛土にシイ・タブなどの苗木を植樹する活動を展開。これまでに延べ3万8000人が参加し33万本を植樹してきた。

 植樹に先立って行われた開会式にはタレントのルー大柴さんが駆けつけたほか、相馬市・立谷市長が「将来、植樹した木が子どもたちの思い出となるのは素晴らしいこと」などと挨拶した。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年5月27日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年6月号
    • 巻頭特集
      5.5号機は買いなのか?
    • Report
      5年の歳月を経て、仕事人最新作が登場! フィールドテストには150人超の列
    • 特別レポート
      盛り上がった「ニコニコ超会議2017」 リアルなパチンコの魅力を積極アピール