ニュースバックナンバーへ

都遊協、通訳サービスで外国人対応を後押し2015年11月27日(金)

 東京都遊技業協同組合(阿部恭久理事長)は11月26日の定例理事会で、多言語の通訳サービスを行うブレインプレス(株)と新規共同購買事業の契約を行うことを決議した。

 事業内容は「東京パチンコ通訳サービス」で、店舗に外国人が来店し、店舗スタッフが会話に困った時、専用電話の通訳オペレーターを通して、外国人とコミュニケーションを図るというもの。同様のサービスはすでにタクシー会社や携帯電話ショップ、レストラン等で開始されており、都遊協でも来日外国人観光客が増える中、組合店舗が遊び方や仕組み、賞品内容の説明などで外国人と円滑なコミュニケーションをとれるように後押しする。

 同社によると、対応する言語は、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語。12月からはタイ語をスタートさせるほか、来年以降は対応言語を増やすという。

 通訳料金は、都遊協傘下店舗ではあれば1店舗あたり月額3000円。契約店舗に応じて都遊協には事業収入がはいる。

 都遊協では外国人観光客への訴求施策を推進しており、4月から都内店舗でのフリーWi-Fi、フリーレストルームの促進や共通ステッカーの配布などを展開している。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年3月26日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年4月号
    • 特集
      シニア人材、 活用のすすめ
    • 巻頭特集
      市場を動かす コンテンツ力
    • 特別インタビュー
      株式会社太平洋クラブ 韓俊 代表取締役社長