ダイナムJH、2015年9月中間期決算を発表

投稿日:

 ダイナムジャパンホールディングスは11月27日、2015年9月中間期決算速報を発表した。

 貸玉収入4,171億400万円で、前年同期比と比べ1.9%減少。営業収入は738億4300万円(同6.0%減)、税引前中間利益は7,323億円(前年中間期比50.3%)、中間利益は4,784億円(同47.1%減)だった。

 また、当期は稼動の向上を目的とした投資を計画し積極的に行い、店舗改装による設備の一新等、2015年4月から9月にかけて70店舗のリニューアルを実施。顧客ニーズに応える様々な施策を行い、顧客サービスの向上を図るなど積極的な投資により遊技台稼動は前期同様の水準まで回復、9月以降は前年を上回る進捗だとしている。

 同社は稼動向上に向けたこうした施策を通じ、中長期的な安定成長による、将来的に安定した営業収入を算出できる状態を目指す。

 なお、2015年9月末時点における店舗数は400店舗で昨年9月末と比較して20店舗増加、同年4月から9月にかけての新規出店は10店舗となっている。また、11月1日に同社を完全親会社とする株式交換を夢コーポレーション株式会社(39店舗保有)と実施したため、同社グループは9月末時点の全国店舗数は439店舗となった。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると