ニューギンが熊本地震復興イベントに協賛

投稿日:

多くの人気アーティストが楽曲を披露する中、ニューギングループも「花の慶次スペシャルステージ」で熊本復興を応援した。

 熊本地震からの復興を目的に、4月14日と15日の2日間、グランメッセ熊本で開催された音楽フェス「GAMADASE KUMAMOTO 2018~熊本復興祭~」にニューギングループが協賛した。

 同復興イベントは人気ロックバンドMAN WITH A MISSIONが中心となり企画。WANIMA、マキシマム ザ ホルモン、サンボマスター、若旦那、和田アキ子、美川憲一など多数の人気アーティストも出演し、2日間で約2万5,000人(1日目約1万人、2日目約1万5,000人)を動員した。

 その中で同グループはイベント2日目に「花の慶次スペシャルステージ」と題した音楽ライブを披露したほか、ブースエリアに原哲夫さんが描いた前田慶次と加藤清正のイラストをバックに記念撮影ができるフォトスポットブースを展開。午前と午後の2回行われたライブの合間には歌を披露した角田信朗さんと大西洋平さんがブースエリア内を練り歩き来場者と交流を図った。

 ライブなどを通して地元の人と触れ合った角田さんは「熊本の皆様のパワーは凄い。このパワーがあれば熊本は必ず復興に向かって進む。僕らは僕らにしかできない歌とパフォーマンスで、熊本の皆様に元気を与え復興を応援していきたい」と語った。

 CSR活動に力を入れる同グループでは今後も継続して熊本の復興を応援していく方針。今年はこのあと、9月12日~17日に同県で開催される「熊本国際漫画祭」にも協賛し、熊本を元気づける催しを計画している。

  • 大西さんも『CR花の慶次』シリーズの楽曲を披露し観客を盛り上げた。

    大西さんも『CR花の慶次』シリーズの楽曲を披露し観客を盛り上げた。

  • 会場内に設置したフォトスポットブースでは角田さん、大西との写真撮影会も行われた。

    会場内に設置したフォトスポットブースでは角田さん、大西との写真撮影会も行われた。

  • 角田さん、大西さんはライブ以外にもフォトスポットブースでの写真撮影や会場内を練り歩くなどして来場客と交流を図った。

    角田さん、大西さんはライブ以外にもフォトスポットブースでの写真撮影や会場内を練り歩くなどして来場客と交流を図った。

  • 会場内に展示されていた被災地でのボランティア活動の写真を見る角田さんと大西さん。

    会場内に展示されていた被災地でのボランティア活動の写真を見る角田さんと大西さん。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.