『Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌』、上位AT時は純増が約5枚にアップ、ハイスペック仕様に注目

投稿日:

SANKYOはこのほど、パチスロ新台『Lパチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌』を発表。同社ホームページでゲーム性の詳細等を公開している。ホールへの導入開始は7月8日の予定だ。

同機は2021年12月にリリースされた『パチスロ 戦姫絶唱シンフォギア 勇気の歌』の後継機。約2年半の時を経て登場するこの新作は、シリーズ第3弾として高い出玉性能を誇るハイスペックスマスロとなっている。

通常時は、主にCZ「AXZバトル」からAT「AXZラッシュ」への突入を目指す。CZ「AXZバトル」は、期待度約65%でAT突入のチャンスがある高期待度ゾーン。演出成功でATに突入する。

AT「AXZラッシュ」は純増約2.8枚のゲーム数上乗せ型AT。初期ゲーム数40G以上で、消化中は多彩な上乗せ演出や、上位AT昇格へのチャンス演出が盛り込まれている。

また上位ATは、上乗せゾーン「絶唱/黄金絶唱」、上位AT「AXZラッシュ黄金(ゴールド)」。CZ「絶唱BATTLE/黄金絶唱BATTLE」等で構成され、何れも純増枚数が約5.0枚にアップ。これらのループにより、より多くのメダル獲得に期待できる仕様となっている。

主なスペックは以下の通り。
▶AT確率:1/295~1/199(設定1~6)
※設定は5段階設定

©Project シンフォギアGX ©Project シンフォギアAXZ

-新台
-,