【企画】喫煙時間、喫煙頻度について調査/Booming Net Player’s Eyes

投稿日:

最多票は「約1時間おき」に「1~5分」の喫煙

Q1.喫煙をしますか?
n=542(単位:%)

今回はホールにおける喫煙に関して、喫煙の際の離席時間や、喫煙休憩をとる間隔についてブーミングネットの来店客アンケート結果をもとに考察していく。客層や喫煙率、紙巻き・加熱式タバコユーザー比率など、ホールによって異なる状況が部分があるため、あくまで参考程度に捉えてほしい。

まず、1回あたりの喫煙離席時間を見てほしい。最も多いのが「1~5分」の49.5%、次いで「5〜10分」の35.1%となっている。約半数の遊技客が5分以内に喫煙を済ませて遊技に戻っているほか、8割弱の遊技客が10分以内には喫煙を終えていることになる。

Q2.喫煙する際の(1回あたり)離席時間は
どれくらいですか
n=202(単位:%)

では、喫煙間隔はどうだろうか。結果をみると、最も多いのは「約1時間おき」で47.7%、次いで「約2時間おき」の25.6%、「約30分おき」の11.1%となっている。改正健康増進法の施行前、つまり遊技中に喫煙できていた時代と比較すると、現在は喫煙のために離席しなければならないため、喫煙間隔が長くなったように思える。

Q3.喫煙休憩の間隔はどれくらいですか
n=199(単位:%)

以上のことから、遊技客の喫煙状況における最多票は「『約1時間おき』に『1~5分』喫煙する」という結果となった。屋内原則禁煙化はホールにとってかなりの痛手だった。稼働に与える影響も大きいとされたが、ホールのオペレーション(喫煙休憩時間の設定、喫煙離席を示す札や表示、喫煙場所の設定)も奏功し、大きなトラブルもなく、遊技客は思いのほかうまく順応しているのではないだろうか。

調査実施企業:ブーミングネット株式会社
すぐさま簡単に安価で導入できる来店ポイントサービス『ポイントクラブ』を運営。お得なポイント賞品を多数用意しているほか、DMサービスにより再来店率の向上や、来店客の生の声を収集できる。
・問い合わせ
TEL 03-6451-4355
Mail info@booming-net.com
WEB https://booming-net.com

-企画
-

© 2021 グリーンべると