甘デジ初の『遊タイム』搭載!パチンコ『必殺仕置人』が先行デビュー

投稿日:

京楽産業.は新台『ぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO』の全国導入を前にしたフィールドテストを、直営店の《サンシャインKYORAKU》3店舗で実施する。

フィールドテストの概要は下記の通り
▶実施開始日 7月22日(9時~)
▶店舗
サンシャインKYORAKU栄(4円8台)
サンシャインKYORAKU平針(4円10台)
サンシャインKYORAKU南(4円5台、1円5台)

同機は、消化スピードの速さによる爽快感と、出玉感を両立させた「秒殺V-ST」で多くのファンを魅了した『新・必殺仕置人』の甘デジスペック。秒殺V-STの良さは活かしつつ、甘デジでは業界初となる『遊タイム』を搭載するなど新たな魅力を搭載した。

ゲーム性は、特図1大当たりの大半が時短40回の「出陣チャンス」となる時短突破型タイプ。時短中に大当たりを引ければ継続率約80%のST「真仕置CRUSH TURBO」に突入する。ST中の大当たりの50%で1,000個の出玉を獲得することができる。

また、ST中は電サポ回数の振り分けが複数存在。全体の66%がST120回、33%がST120回+時短50回、1%が時短279回となっている。理論値上、3回に1回はST終了後もチャンスが継続するため、より遊びやすさが増している。

『遊タイム』は低確率280回消化後に突入。時短379回が付与され、遊タイム中の大当たりは全てST突入となる。また、仮に上述の振り分けで時短279回に当選し、大当たりできなかった場合は、右打ち終了後すぐに『遊タイム』が発動するため、実質658回(+残保留)の時短を消化することができる。

主なスペックは以下の通り。全国ホールへの納品開始は8月2日を予定している。

▶大当たり確率:約1/99.9(高確率時約1/86.3)
▶確変突入率:特図1⇒1%、特図2⇒100%
▶真仕置CRUSH TURBO
継続率:約80%
電サポ回数:ST120回 or ST120回+時短50回 or 時短279回
▶出陣チャンス:時短40回
▶遊タイム:低確率280回消化(時短379回)
▶出玉:300個 or 1,000個
▶振り分け
<特図1>
3R確変(ST120回):1%
3R通常(時短40回):99%
<特図2>
10R確変(時短279回):0.5%
10R確変(ST120回):33%
10R確変(ST120回+時短50回):16.5%
3R確変(時短279回):0.5%
3R確変(ST120回):33%
3R確変(ST120回+時短50回):16.5%

©松竹・ABCテレビ
©KYORAKU

-新台
-,

© 2020 グリーンべると