「沖ドキ!2-30」などパチスロ2機種、ユニバーサルEが発表

投稿日:2020年1月28日 更新日:

ユニバーサルエンターテインメントは1月27日、都内本社でパチスロ新台『サンダーVライトニング』(アクロス製)、『沖ドキ!2-30』(アクロス製)の新機種記者発表会を開催した。

『サンダーVライトニング』は、リバイバルをテーマとして「復刻機」や「技術介入機」など、パチスロの原点に立ち返った機種を開発するプロジェクトである「A PROJECT」の最新機種。『サンダーV』シリーズの伝統を受け継ぎつつ、新たな要素も盛り込まれている。タイプはノーマルタイプで、納品は4月中を予定している。

一方、『沖ドキ!2-30』は、現在もホールで人気の『沖ドキ!』の正統後継機として登場する新台。初代と変わらぬゲーム性を採用しており、『沖ドキ!』ファン納得の1台に仕上がっている。タイプはATタイプで、30φのみで販売される。納品は5月中を予定している。

また、発表会後に行われた新年会の会場では、2月にホール導入を控えている『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』の赤パネル(伊賀パネル)が参考展示されていた。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

-新台
-, , ,

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.