ダイナムが依存対策、遊技者の行動実態を調査へ2019年9月19日(木)

 ダイナムはこの度、公立諏訪東京理科大学の医療介護・健康工学部門(篠原菊紀部門長)及び、株式会社クロス・マーケティングと共同で、パチンコ・パチスロの依存問題に関する基礎研究「安全な遊技のための総合調査」を2019年9月から実施すると発表した。

 調査の体制は、ダイナムがアンケート対象者の選定や会員情報の提供を行い、クロス・マーケティング社がアンケートの実施・集計、情報の匿名化作業、匿名化情報の提供を実施。それをもとに、公立諏訪東京理科大学が匿名化データによる分析、分析結果の報告を行い、ダイナムが安全な遊びの提示と更なる取り組みの実施を図っていく。

 同社では「『安全で楽しく問題のない遊技』とはどういうものなのかを明らかにし、それを実現する対策を見出すための独自の取り組みを行う。アンケート調査による自己申告だけでなく、実際の遊技行動データを個人が特定できないように匿名化した上で照合・分析することで、依存につながる遊技とそうでない遊技の違いを調査し、依存対策をより具体的に展開するための試み」としている。

 さらに、「ホールで取得可能な遊技行動データに基づく基準を見出し、依存につながるような遊技を現場で察知することができれば、より早期に予防的な対応が可能になる」とし、「本研究により、ホールでの問題のある遊技を予防する対策や、研究を根拠にした具体的で有効な取り組みを導くことを目指す」としている。さらに、業界他社へ取り組みを共有、働きかけることで、業界全体の取り組みを推進していく方針。


  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月16日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年10月号
    • 特集
      導入から1年 設定付パチンコ の展望
    • Report
      急がれる受動喫煙対策に「室内循環型」という選択肢
    • Report
      空中方式の新たな集合搬送が登場