カジノ広告、空港などの入国手続き区域に限定2019年3月27日(水)

 政府は3月26日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の要件などを定めたIR整備法施行令を閣議決定した。

 それによると、カジノの広告が出せる場所は、外国人観光客の誘客に限り、国際線が就航する空港や湾岸の旅客ターミナル内の入国手続きなどを行うエリアに限定した。

 カジノの面積は、IR施設全体の延べ床面積の3%が上限。また、マネーロンダリング(資金洗浄)対策として、100万円を超える現金取引をした場合は、政府が新たに設ける「カジノ管理委員会」への報告を義務づける。

 カジノの営業ルールに関してもカジノ管理委員会が別の規則で定める方針という。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年8月26日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず