3年目のキーワードは「変革、上等。」2018年4月2日(月)

新聞15段広告のビジュアル。新キーワード『変革、上等。』を大々的に発信するものとなっている。

 善都(都筑善雄代表取締役)は4月1日より、ビートたけし氏を起用した新広告展開を開始した。

 ビートたけし氏とのコラボレーションは今年度で3年目に突入。そこで今年度では従来の「遊べ、もっと。」のキャッチフレーズに加え、『変革、上等。』のキーワードを掲げた。

 この『変革、上等。』には「立ちはだかる新しいルールを規制ではなく“遊び”と捉えれば、一度きりの人生も大いに楽しめる」というメッセージが込められており、エンターテインメントのNEXTへ挑み続ける同社を表現するものとなっている。

 今後は順次、テレビCM、新聞広告、屋外看板等で発信していく予定だ。

関連記事

ホール経営支援特集最終企画!「屋内禁煙化の“その日”をどう迎える!?」
ホール経営支援特集「年末年始を極める 装飾・演出秘策」

CALENDAR イベントカレンダー

2019年12月8日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年12月号
    • 特集
      生き残るホールになる
    • ホール経営支援特集
      年末年始を極める装飾・演出秘策
    • ホール経営支援特集
      最終企画! 屋内禁煙化の “その日”を どう迎える!?