美麗映像で四季風景を表現、『フィーバー真花月』2014年12月18日(木)

『CRフィーバー真花月』

 SANKYOはこのたび、パチンコ新機種『CRフィーバー真花月』を発表した。納品日は1月4日からの予定。

 2003年の『フィーバー花月』、2005年の『フィーバー花月外伝』に続く、花月シリーズ最新作。年配者層への訴求力が高い和物系パチンコで、分かりやすいゲーム性と爽快な出玉感が特長となっている。

 19インチの大画面と64Gbの大容量を備え、日本の四季折々の風景を超美麗に表現。また、玉がアタッカーおよび電チューの上部を通過する際に速度が緩まる仕様で、大当たり中、確変中はロス玉がなく、一気に玉が入賞口に吸い込まれる爽快さが魅力だ。あわせて確変中の大当たりは、50%以上で16R2400個大当たりが期待できる。

 スペックは、ミドルタイプとライトミドルタイプの2種類。

 ミドルタイプは、大当たり確率1/297.3(高確率時1/29.7)、賞球3&1&10&15、ラウンド16Ror4R、確変突入率約55.4%、時短100回、出玉2400個or600個or0個(払出個数)。

 ライトミドルタイプは、大当たり確率1/199.8(高確率時1/57.8)、賞球3&1&10&15、ラウンド16Ror4R、確変突入率約51.5%、時短30回、出玉2400個or600個or0個(払出個数)。

(C)SANKYO

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!