日遊協東京都・関東支部が総会、支部長再任2006年3月31日(金)

 日本遊技関連事業協会東京都支部(住吉博支部長)および関東支部(若松千容子支部長)の合同総会が3月30日、都内ホテルで行われ、両支部とも任期満了に伴う役員改選で、住吉・若松支部長を再任した。両支部の執行部は次のとおり。

《東京都支部》
支部長  住吉 博(ピーアーク)
副支部長 澤井明彦(SANKYO)
 〃   石田勝利(安田屋)
 〃   小島 豊(ミリオンインターナショナル)
 〃   近藤克哉(サミー)

《関東支部》
支部長  若松千容子(千歳観光)
副支部長 大久保正博(大丸商事)
 〃   江原正康(まる)
 〃   阿部恭久(サンキョー)
 〃   日野文平(ヒノックス)

 また、両総会に先駆けて行われた行政講話では、警視庁保安課の川口勉風俗営業係長が健全営業について言及。とくに風適法の一部が改正され、遊技機の無承認変更や18歳未満の立入等の罰則が強化されてたことを改めて説明し、遵法営業の徹底を呼び掛けたほか、景品の品揃えの充実や、賞品の買い取り、買い取らせ行為の排除を要請した。

 総会後には、国立民族学博物館名誉教授の石毛直道氏が「遊びのなかの仕事〜体験的パチンコ論」をテーマに特別講演をおこなった。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!