ICカードの窃盗で桑名市職員が停職

投稿日:

 他の客が席を離れた隙に残高6,000円のICカードを盗んだ窃盗容疑で4月11日に逮捕されていた三重県桑名市の男性職員(43)に対し、桑名市は5月19日、停職3ヶ月の懲戒処分を言い渡した。産経WEST(webニュース)が報じた。

 男性職員は市民センター主査で農林水産課の係長。3月29日夜に立ち寄ったパチンコ店でICカードを盗んだ。逮捕後男性職員は起訴猶予処分となっていた。

 桑名市に対し男性職員は、「帰るところでたまたまカードが目に入り、出来心でやってしまった」と話していたという。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.