ブラックリールに浮かぶ黄7が目押しをサポート

投稿日:

『ユルビスカス‐30』

 パイオニアは2月4日、東京営業所ショールームでパチスロ新機種『ユルビスカス‐30』の内覧会を開催した。

 同機は「夜×華」「影と光」がコンセプト。従来機の赤や金を基調とした筐体と打って変わり、深緑をベースにブラックリール搭載で漆黒を表現。漆黒に浮かび上がる旺煌のハイビスカスがボーナス当選を幻想的に祝福する。さらにブラックリールによる視認性抜群の黄7が目押しをサポート。初心者にも配慮がなされている。

 スペックは2種類のボーナスで出玉を増やしていくノーマルタイプ。純増枚数はBBが312枚、RBが104枚。ボーナス合成確率は1/186~1/141、出玉率は96.6%~112.0%。ベースは約38.5Gで「高出玉率」「高ベース」の遊びやすさ抜群のスペックだ。

 さらに同機は、ボーナス当選を察知できるマイ告知機能「タッチ・ザ・ビスカス」を搭載。ハイビスカスのコーナーランプをチェリー、スイカ出現時やチャンス目出現時にタッチしハイビスカスが光ればボーナス当選濃厚となる。

 納品は3月13日(沖縄は2月21日)より順次開始予定。

-新台

© 2021 グリーンべると