日工組、日電協が日遊協に団体加入

投稿日:

合意書を取り交わした(写真左から)里見理事長、庄司会長、金沢理事長。

 6月11日に開催された一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協)の総会で、日本遊技機工業組合(日工組)、日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)両団体の団体加入が承認された。

 団体加入に際し日工組の金沢全求理事長は「各団体がひとつになって答えを出す環境になっている」、日電協の里見治理事長は「日遊協を中心に一本化して活動すべきだ」とそれぞれ抱負を述べた。

 また、日遊協の庄司孝輝会長は「一緒になって活動する最大の目的はファンを増やすこと。2020年までにファンを倍増するという目標を目指したい。いま取り組まなければ、10年後にはパチンコが無くなってしまうかもしれない。これまで我々は遊技業の本質を見失い、業界改革を怠り、その結果参加人口とともにパチンコへの理解者も減らした。参加人口を増やすことは理解者を増やすことでもある」とともに活動することの意義を語った。

 なお、団体加入に関しては回胴遊商、全商協の両団体とも協議。団体加入承認は総会の決議事項だが、総会の決議にて理事会に決議を委任することができる。庄司会長は「次の総会まで待たせるのは失礼なこと」として、回胴遊商、全商協の両団体についても、条件が整い次第、団体加入に関する合意を取り交わす方針であることを示唆した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると