韓国、来年中にソウルと釜山にカジノ増設

投稿日:

 自民党議員からなる「カジノ議連」が来年の通常総会にもカジノ法案提出を目指すなど、日本でのカジノ構想の気運が高まるなか、お隣、韓国でもカジノ熱が盛んなようだ。

 韓国の文化観光省は9月3日、年末までに外国人専用のカジノをソウルに2カ所、釜山に1カ所新規に許可、05年7月〜12月の間に営業を始める、と発表した。9月4日付日本経済新聞などが報じた。

 現在、韓国内にはカジノが13カ所、そのうちソウルと釜山に1カ所ずつあるが、文化観光省は「需要に対して供給が足りない」として、2つの主要観光地のカジノ増設をテコに外国人観光客を呼び込み、外貨獲得や雇用増大に繋げる狙い。

 同省では今回の新規許可で約1億5000万ドル(約165億円)の外貨を獲得できると予想している。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると