モモキュンソードに甘デジ2機種が登場

投稿日:

『CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜GL』

 西陣は10月27日、今年8月に市場投入した『CRモモキュンソード〜星と黄金の太刀〜』シリーズに、追加スペックとなる甘デジ『GL』と『〜パカパカ8〜GLX』を発表した。

 『GL』の大当たり確率は1/89.9(高確率時:1/45.01)。確変突入率100%のST仕様で、ST・電サポ回数は0 or 50回。継続率は約67%だ。

 大当たりラウンド振り分けは「ヘソ」「電チュー」共通。16R(10%):12R(1%):8R(1%):6R(72%):4R(6%):出玉なし(10%)。賞球数は3&2&10&10となっている。

 一方の『GLX』の大当たり確率は1/128.75(高確率時:1/72.58)。こちらも確変突入率100%のST仕様。ST・電サポ回数も同じ0 or 50回で、継続率は約50%だ。

 「ヘソ」「電チュー」共通のラウンド振り分け率もラウンド数とともに甘デジの『GL』とまったく一緒だ。

 『GLX』のスタートは1個賞球。盤面左のゲートを通過すると常時電チューがパカパカ開く、高いスタート甘デジとなっている。タイトルにある〜パカパカ8〜は電チューが常時パカパカ開く8個保留という仕様からとられた。

(C)キビダンゴプロジェクト
(C)NISHIJIN

  • 『CRモモキュンソード〜パカパカ8〜GLX』

    『CRモモキュンソード〜パカパカ8〜GLX』

-新台

© 2021 グリーンべると