己の引きで敵を倒せ!新感覚ART『ドルマッチ』

投稿日:

『ドルマッチ』

 ビージェイ販売では3月10日、東京・上野のラベルオーラムにおいて、ジェイピーエス製のパチスロ新機種『ドルマッチ』の発表会を開催した。

 冒頭、ビージェイ販売の中野純弘会長が「これまで発表してきた機種の中でも格段の仕上がり」と自信を表明、ジェイピーエスの綾部征四郎社長も「開発の切り口を変え、若い開発者が渾身の力を注いで仕上げた」などと挨拶した。

 ゲームの舞台は、4年に一度開催される闇ボクシング大会「ドルマッチ」に、無名の新人「ドル」が優勝目指して挑むというもの。「ドルマッチ」の闘いを1セット40ゲーム(純増約1.6枚/G)のストック型ARTで表現する。

 ARTの突入契機は、通常時のレア小役やBB中の「赤7」揃いやフリーズ演出など。ARTの継続は、(1)対戦相手をKOする、(2)ストックがある、(3)ART継続抽選に当選する、の3パターン。特に(1)の対戦相手とのバトルでは、順押しベルやレア小役が攻撃役となっており、プレイヤーの引き次第で相手をKOできる仕組み。KOできれば、ストックを減らさずに継続できる他、ストック上乗せのチャンスとなる。液晶画面には相手の体力ゲージが表示されているため、格闘ゲームのような緊迫感、KOした時の爽快感も体感できる。対戦相手は7人、相手によってKO期待度や上乗せ数が変化する。(3)のART継続の最大期待値は95%以上。また、ART中のボーナス当選はストック上乗せのチャンス。

 BBの純増は約204枚、RBは約60枚。ボーナス合成確率は1/239(設定1)?1/215(設定6)。ARTとボーナスの合成確率は1/156?1/118。納品は4月17日から。

 なお、ボーナス中の楽曲には、エイベックス所属バンド「UZUMAKI」の「TWO FACE」を採用。さらに3月下旬から、サウンドノベル「ドルマッチ」第1話がiPhoneアプリとして配信される予定。

(C)ドルマッチ制作委員会

-新台

© 2021 グリーンべると