サミーがエウレカ後継機『サクラ大戦3』を発表

投稿日:

フォトセッションに応じるほしのあきさん。

 サミーは11月12日、都内港区の東京ジョイポリスにおいて新機種『パチスロサクラ大戦3』、『ぱちんこCR獣王』のプレス発表会を開催した。

 『パチスロサクラ大戦3』は、「パチスロ交響詩篇エウレカセブン」をベースに開発された後継機で、基本的なゲーム内容は「エウレカセブン」を踏襲しつつ、一つのストックが分裂し、さらに分裂する「ストックバイストック」システムを採用したほか、RB時の押し順チャレンジ中に不正解が続いてもそれらを全て正解に書き換えられる「革命チャンス」が発動するなど、期待感が持続するように改良されている点が特長。納品は1月上旬の予定。

 また『ぱちんこCR獣王』は、パチスロ4号機の名機「獣王」をモチーフにしたマックスバトルタイプ。確変率75%と高い継続率に加え、確変の「サバンナチャンス」は右打ちの高速消化が可能で、バトルに勝てば全て16R大当りとなり、2000発オーバーのループが期待できる。納品は12月中旬の予定。

 プレス発表会では小口久雄専務取締役が『パチスロサクラ大戦3』について、「本機は昨年好評を得たエウレカセブンの後継機。エウレカセブンの高いゲーム性を引き継ぎ、ユーザーの声を聞きながら改良を図った」と述べ、ストックバイストック方式の採用、革命チャンスの搭載、サミー史上最大の演出量などの改良点のほか、エウレカセブンと同じ感覚でプレイできる点もポイントとして挙げた。また『ぱちんこCR獣王』については「サミーを象徴する大切なコンテンツで、本機は多方面から研究を重ねたスペックに仕上がった」と自信の程をのぞかせた。

 発表会ではその他、サミーオフィシャルサポーター・「サミーガールズ」(小塚麻央さん、松井ありささん、河原実乃梨さん)の紹介、同社広報宣伝部の古川東洋氏による機種説明、甘利祐一常務取締役営業本部長の挨拶、タレント・ほしのあきさんによるトークショー、フォトセッションが行われ、ほしのさんは「全国のファンの皆さん、サクラ大戦で満開にしてほし?の!」と、新機種をPRした。

(C)SEGA (C)RED (C)Sammy イラスト 松原秀典

-新台

© 2021 グリーンべると