蝶野が、ルパンが、あの名機が!平和4機種を発表

投稿日:

平和本社ショールームでは蝶野正洋氏が新機種をアピール。

 平和は7月28日に平和本社ビル及びオリンピア本社ビルで展示会を開催し、パチンコ新機種『CR江戸の始末屋』シリーズ、『CRルパン三世?徳川の秘宝を追えSpecial edition』、アムテックス社製のパチンコ新機種『CRAネオビッグシューター』、及びパチスロ新機種『ルパン三世?ルパン一族の秘宝』の4タイトルを一挙に発表した。

 『CR江戸の始末屋』はサブタイトル「最強新日烈伝」とあるように時代劇と新日本プロレスで戦うプロレスラー4人がコラボした意欲作。当日平和ショールームには蝶野正洋氏が登場し「この台に登場するのはパチンコの好きな奴らばかり。他の選手でも(団体のビッグタイトルである)G1CLIMAXより、このパチンコに出たいという奴は多いよ」等とトークを展開。また、来場したパーラー関係者等とのツーショット撮影に応じるなど同機の営業に奮闘した。スペックは92%という高い確変突入率(ST80回転・「H7AZ」の場合)と右打ちで消化する「一撃ボーナス」の出玉感が大きな特長となっている。

 この他『CRルパン三世?徳川の秘宝を追えSpecial edition』は大当たり確率1/297.9。同シリーズのミドルスペックながら、「確変割合72%」「15ラウンド大当たり比率68%(通常大当たり含む)」「大当たり後9回転以内に再度大当たりすれば100回転電サポのループに突入」などメリハリを持たせた内容。『CRAネオビッグシューター』はデジタルによるラウンド抽選を排除しパンクを採用した昔ながらのスタイルを持つハネモノタイプ。

パチスロ『ルパン三世?ルパン一族の秘宝』は同シリーズ待望の本格的ARTマシン。ストック管理の「ゼニガタイム」、ゲーム数上乗せタイプの「スーパーヒーロー」と2タイプのART(ともに純増1ゲーム約1.3枚)を搭載している。

 納品は『CR江戸の始末屋』が9月12日、『CRルパン三世?徳川の秘宝を追えSpecial edition』が9月5日、『CRAネオビッグシューター』が10月上旬、『ルパン三世?ルパン一族の秘宝』が9月5日開始予定。

(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd
(C)永井豪/ダイナミック企画 (C)アリストトリスト
(C)モンキーパンチ/TMS・NTV

  • 『ルパン三世
?ルパン一族の秘宝?』

    『ルパン三世 ?ルパン一族の秘宝?』

-新台

© 2021 グリーンべると