三洋からゲーム数管理型ART搭載第2弾が登場

投稿日:

『パチスロ ピンポン』

 三洋物産では7月28日、全国の各拠点においてパチスロ新機種『パチスロ ピンポン』の発表内覧会を開催した。

 同機は松本大洋による人気漫画作品「ピンポン」とのタイアップ機で『パチスロ 天外魔境卍MARU』に続くゲーム数管理型ARTを搭載。ゲーム性は『パチスロ 天外魔境卍MARU』に近く、4号機のストック機を彷彿させるシステムを採用している。

 ARTは規定ゲーム数消化で発動するが、小役によるゲーム数短縮や、モード毎に異なる天井(32?999ゲーム)が用意され、準備ゾーン&ART上乗せチャンスの「ドラゴンチャレンジ」を経て「ピンポンボーナス」(純増枚数1G/約1.9枚)と呼ばれる押し順式ARTに突入(ナビ回数は15or25or35or50回)。

 このARTのループと上乗せをメインに、出現率こそ低いものの2種類のBBが絡みながら出玉を獲得する内容。納品は一部地域が9月の初旬よりスタートする。

(C)松本大洋/小学館

    -新台

    © 2021 グリーンべると