ニューギンの名機『エキサイトジャック』復活

投稿日:

 ニューギンは10月4日、全国各拠点ショールームでパチンコ新機種『CRAネオエキサイトジャックN-VX』を発表した。納品は11月4日からスタートする予定。

 1993年に発売し高い人気を得た『エキサイトジャック』の後継機にあたるのが同機。前作から継承した盤面中央のドラムは、4リールドラムにパワーアップさせ、ドラム演出の幅を広げるなど見どころは満載だ。

 ゲーム性では大当たりのループ率が78%を誇る「JACKPOT TIME(ジャックポットタイム)」の存在が特長。5R大当たり後に必ず10回転の時短「チャレンジタイム」に突入し、ここで再度大当たりを引くことができれば100回転の時短が付与する「ジャックポットタイム」に突入、以降の5R大当たり後は同タイムが継続する。また、10R大当たりは確変確定となり、大当たり後は次回大当たりまで電チューサポートが付与する「スーパージャックポットタイム」となり、次回大当たり後はチャレンジタイムを経由せずにジャックポットタイムに突入する。

 スペックは大当たり確率1/99.25、確変突入率40%、賞球は3&4&10&14、出玉は5Rが約480個、10Rが約950個。また、同1/84.25の現金機『AネオエキサイトジャックZX』も同時に発表した。

-新台

© 2021 グリーンべると