確変継続90%×スピード感を融合した「リキRUSH」

投稿日:

『CR竹内力のムラマサ』シリーズ(C)RIKI PROJECT

 ニューギンはこのほど、全国の各拠点ショールームにおいて、パチンコ新機種『CR竹内力のムラマサ』シリーズと、パチスロ新機種『戦国物語』の内覧会を開催した。納品は前者が6月6日、後者が6月13日からスタートする予定。

 『CR竹内力のムラマサ』は、俳優の竹内力さんが主演・制作総指揮を務めるオリジナルビデオ作品「MURAMASAムラマサ」とのタイアップ機。液晶内では3DCGで再現された原作シーンや、竹内さん本人の実写演出も登場し、竹内ファンを魅了するほか、同社お馴染みのモード移行演出も絡ませることで演出に対する期待感を高めている。

 ゲーム性を語る上で欠かせないのは、「確変継続率90%」(『H-V』・『H-VG』のみ、『H2-V』・『H2-VG』は83%)を誇る確変モード「リキRUSH」の存在。同モードでは、図柄変動時間を短縮することで確変中のスピード感を高め、大当たりがループする爽快感を引き出している。またモード中はバトル演出が展開し、主人公が勝利で「確変大当たり&モード継続」、引き分けで「モード継続or覚醒CHANCE(2Ror7R確変大当たり)」、敗北で「通常大当たり&チャンスタイム」となる。

 スペックは『H-V』・『H-VG』が大当たり確率1/397.40(高確率1/40.55)、確変突入率90%、時短は大当たり後4回転、出玉910個、ラウンド数2or7R(10カウント)。『H2-V』・『H2-VG』が大当たり確率1/299.80(高確率1/30.59)、確変突入率83%、時短は大当たり後4回転、出玉910個、ラウンド数2or7R(10カウント)。

一方、『戦国物語』は戦国武将・武田信玄をモチーフとしたオリジナルタイトル。筐体上部には4thリールとシャッターが融合した大型役物「インフィニティシャッター」を搭載し、この役物を駆使した迫力の演出が“武田の戦”を盛り上げる。

 同機は1/119.2(設定6)〜1/159.5(設定1)の高い合成確率を誇るオーソドックスなAタイプ仕様。ボーナスは純増312枚の「極ボーナス」(赤7or青7揃い)、同約260枚の「戦ボーナス」(赤7・赤7・青7or青7・青7・赤7)、同約104枚の「殿ボーナス」(BAR揃い)の3種類を搭載。なかでも戦ボーナスに関しては、JAC型ボーナスとなっており、ボーナス中のJAC時には“戦演出”が発生し、勝てば勝つほど獲得枚数が増加する仕組みとなっている。ちなみに純増枚数の幅は200枚〜300枚。

  • 『戦国物語』

    『戦国物語』

-新台

© 2021 グリーンべると