ダイナムCUP、机選手と杉本選手が優勝

投稿日:

左から、杉本選手、ダイナム保坂明取締役、机選手。

 ダイナムが冠協賛したスカッシュの大会「ダイナムCUP SQ-CUBE OPEN 2019 in 新横浜」が9月21日から23日まで、横浜市内で開催された。

 同社が「SQ-CUBE OPEN」に協賛するのは今回で10回目。スカッシュの大会としては国内最大級の賞金大会となるだけに、国内の有力選手を含む約300名の選手が参加し、3日間で熱戦が繰り広げられた。

 選手権女子の決勝は、日本ランキング1位の杉本梨沙選手(ダイナム)と同3位の酒井真美選手(順天堂大学)が対戦し、杉本選手が3-0で勝利。2回目の優勝となった。

 男子決勝は、日本ランキング1位の机龍之介選手(順天堂大学)と同14位の松本航太選手(順天堂大学)が対戦し、机選手が3-0で勝利し、7回目の優勝を飾った。

 今年ダイナムに入社した杉本選手は、「入社して初めてのダイナムCUPで優勝できてうれしい。決勝戦で、順天堂大学の後輩である酒井選手との対戦や、今大会で復帰された尊敬する松井選手と対戦(準決勝)できたことも含め、思い出に残る大会になった。次は2日後から中国への遠征となるが、いい結果を残せるように頑張りたい」と話した。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.