注目のタッチセンサー第3弾『CR・サンダーゾーン』

投稿日:

 (株)平和では10月7日、東京支社内ショールーム(東京都台東区)において、パチンコ新機種『CR・サンダーゾーン』シリーズの発表内覧会を開催した。

 同社久々の大型7セグメントを搭載した『CR・サンダーゾーン』シリーズは、好評のタッチセンサー「タッチdeスキップ」第3弾機。シリーズは『MJ』(通常時大当たり確率1/314・75、確変時大当たり確率1/62・95、賞球4&7&15、15R9カウント)と『TJ』(通常時大当たり確率1/279・25、確変時大当たり確率1/50・77、賞球4&7&15、15R9カウント)の2機種を発表している。

 同シリーズの大きな特長は、全ての大当たり終了後に突入する「サンダーゾーン」(『MJ』50回、『TJ』70回)。これは、チャンスタイムの総称であり『CR・ブラボーファイブ』に搭載されていた「ブラボータイム」に次回大当たりが確定する「確変保証」が付加された新感覚機能だ。「サンダーゾーン」に突入すると7セグが緑色になるが、雷鳴が轟き7セグがオレンジ色となれば確変確定となり、次回大当たりが約束される。

 また、「タッチdeスキップ」の機能が追加されているのも見逃せない特長であり、「本体フラッシュ予告」はタッチした瞬間に本体枠全体が流れるようにフラッシュし、連続すればするほど大当たりの期待値が高まる。ちなみにタッチ後センサーが無音となれば大当たり確定のプレミアム演出も用意されている。

 そのほかにも、チャンス目やリーチ目、役物による演出など、多彩なゲーム性で遊技者を魅了する。なお、同シリーズの導入は11月3日から順次スタートする予定だ。

-新台

© 2021 グリーンべると