特大の落下役物が衝撃の『CR黄金ハンター』

投稿日:

 奥村遊機は3月24日、全国各拠点ショールームにおいて、パチンコ新機種『CR黄金ハンター』シリーズの発表内覧会を開催した。

 同シリーズは、2月に発表された『CRスパルタンX』シリーズに続く同社の新要件パチンコ第3弾機種。ゲーム性の特長は、液晶上部に設置された巨大な役物「黄金エンブレム」との複合による各種演出。スタート開始直後、リーチ発生時、復活大当たり時などの契機に、「黄金エンブレム」が液晶を覆うように垂直落下すれば大当たりへの期待感が高まる仕組みだ。また、大当たり中は90年代のヒット曲「今すぐkissme」が流れる。

 シリーズは、マックスタイプの『PSFα』(確率1/453.7、確変突入率2/3)、ラウンド振り分けタイプの『PSHα』(確率1/383.7、確変突入率3/4)、確率を高くして出玉を抑えた『PSQ』(確率1/265.7、確変突入率5/6)に加えて、変則スペックの『STF』(確率1/91.8、大当たり後5回転の確変)の4機種。とくに『STF』は初当たり間が約20分(計算上)で、全ての大当たり終了後に5回転の確変と50回転または20回転の時短(1/2)が付加される仕様となっており、旧要件機の羽根モノ感覚で遊べるのが特長だ。

 なお、同シリーズの納品は最速で4月17日からスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると