日本GCと日本ADが業務提携へ

投稿日:

 日本ゲームカード(株)(本社/大阪市北区・寺内弘行社長)は先ごろ、日本アドバンストカードシステム(株)と業務統合を図る方針を固めた模様だ。

 日本AD社は日本GC同様、大手遊技機メーカーの(株)SANKYOの資本傘下にあるカード会社で、日本GCより約2年早い平成11年暮れにSANKYOが買収していた。

 なお、日本GCのシステム導入店は3176店(H15年4月末現在)で、日本ADのシステム導入店は1649店(同)。業務統合することで両社のシステム導入店は4825店となり、現在カード市場シェア1位の日本レジャーカードシステムの4199店(同)を抜いてトップとなる。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると