新潟中越地震、パーラーも20店以上が営業停止

投稿日:

 10月23日に発生した新潟県中越地震の影響で、現在も小千谷市内や十日町市内などの20店舗以上が営業停止を余儀なくされている。とくに小千谷市内では7店すべてが営業を停止。営業再開の見通しも立っていない状況だ。

 小千谷市内で被害の大きかったパーラーのひとつ《キング小千谷店》は、店舗正面の全面ガラスが一面破損、店内は床が沈み込んで波を打ち、両替機や券売機も倒れた。とくにパチスロ島は島全体が湾曲しており、つっかえ棒で支えなければ倒壊してしまう状態だ。

 同店店長は、「地震発生時は営業中でお客様が20名ほどいたが、立っていられないほどの物凄い揺れとともに物が壊れる音が鳴り、店内が一斉に停電して真っ暗になった。パニック状態になりかけたがスタッフの誘導によって迅速に店外に逃げたため、幸い負傷者は出なかった」と発生時の状況を振り返る。

 営業再開の見通しについては「余震が続いているため設備の改修ができない。業者からも余震が落ち着くまで点検も含めて待って欲しいと言われている。営業再開の目処はわからない」と話す。(詳細はグリーンべると11月号掲載)

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると