ベルコがパチスロ2機種を発表

投稿日:

 ベルコは3月23日、浅草ビューホテルにてパチスロ新機種の発表展示会を開催した。

 『デジガム』はBタイプストック機でビッグボーナス時の獲得枚数が約250枚。ただし、初当たりに対して平均3回程度のビッグボーナスが期待できる連続性を有している。ボーナスが連続する際の演出は、ビッグ中に抽選デジタルが揃う(1ゲーム連チャン確定)、ビッグ後のカウントダウンセブン(ビッグ終了後7ゲームの間BGMが変化し、この間にバックランプが赤く染まればビッグ確定)など多彩だ。

 一方、『マジックバー- 30』はレギュラーのみ搭載のCタイプストック機。レギュラーボーナスはJACゲーム6回で終了、96枚の獲得が可能。メイン役の「マジックボーナス」に当選すると1回、または10回のレギュラーボーナス。最初のレギュラーボーナス時のJACゲーム中に格上げ抽選が行われ、この間にデジタルの回数表示が「1」から「F」に変わると、プラス9回(合計10回)のレギュラーボーナスが期待できる。

「マジックボーナス」の初当たりは200分の1程度で、5回に1回程度の割合で「F」へ格上げ。「F」ボーナス終了後は連続性にも期待でき、2分の1程度で再び「F」ボーナスに当選する。なお、両機種ともパーラーへの導入は4月中旬から。

-新台

© 2020 グリーンべると